セクマイな話
 ここは何かの建物の中。

 階段の下で健康そうな若い女性が3人で、何がそんなに楽しいのか笑い声が聞こえてくる。

 その先にある、学校の教室くらいの部屋には、やはり若い男が3人。こちらは、深刻な話をしている。

 3人ともどうしても子供が欲しいんだけれど、なんとか相手を探して欲しい、と訴えている。

 訴えられた人は、自分で探せばとも言えず、どうしたものかただウロウロするばかりだ。

 なぜか。

 それは男3人ともに目が見えないからだった。

 つまりは目が見えない3人の若い男が、どうしても子供が欲しいと訴えているってわけだ。

 そのうちに、訴えられている人は、部屋を出て、階段下で会話を楽しんでいる3人の若い女性に声をかけた。

 部屋の中で話をしたらどうか、と。

 そして、そう言い残すと、どこともなく歩き去ってしまった。

===

 また別な部屋では、KSが3人いる。
私と、あの人と、そしてあの人。みな顔見知りだ。そして、健康な男の成人が3人いた。

 部屋の中の少し離れたところ、入り口から入ってすぐの所につい立てが置いてあった。

 つい立ての向こう側には10人ほどの人が隠れられる、そんな感じになっていた。

 これからこの部屋で何が行われるかって?

 大陸から外国の若い女性が10人ほどやってくるんだって。でも、みんな、セクシャルマイノリティな人達だそうだ。これからセクマイ同士での交流会が行われる。

 しばらくするとその10人が一列になって部屋に入ってきた。

 みな入り口付近でもじもじしている。

 さて、そこで健康な成人男子が一人前に出て、開会宣言をした。

 そして、これからそのセクマイの種類によって分かれて個々で話し合いが行われる、とのことだった。

 でも、そう、そんなの無理なのだ。顔が見られる状態で個々に分かれることなどできはしないのだ。

 でも、そこは健康であるが故に、そのことがわからないのだった。

 異国の女性らは、もじもじしたままつい立ての向こう側に消えていった。

 そして、司会者の次の言葉を息をひそめて待ったのだった。

 当然わたしらも同じだった。

 でも、司会者の次の言葉はいくら待っても発せられなかった。

 何を言ったらいいのかわからなかったからだった。

===

 セクマイらが何人も集まって、性自認と、性対象をわかりやすい図式に表す事になったんだって。

 どう表すのかわからないけれど、誰でもわかる図式があるんだって、言っている人がいて、その人の指導の元、それをみんながそれぞれに発表するんだそうだ。

 そんなのできるわけないだろう。

 極秘中の極秘情報だよ、そんなの。




 そんな夢をみた。


「にほんブログ村」に参加しています。下の絵、またはボタン、文字を押していただけませんか。

にほんブログ村
[PR]
by 47__xxy | 2014-04-07 17:51 | 日記
<< こんなのクリアできんのか 現状維持のこと >>



通称:なかちゃん。★東ニ病気ノコドモアレバ…西ニツカレタ母アレバ…南ニ死ニサウナ人アレバ…北ニケンクヮヤソショウガアレバ…★弱い立場中心の世の中に @WofNaka
カテゴリ
ポン太さん
日記
NEWS
NEWS「災害」
NEWS
災害・ボランティア
紹介
夢の話
病気
LGBT&I
尿路結石
歯科治療
過去の事
ご挨拶
五十肩
仕事
記事ランキング
フォロー中のブログ
<お気に入り>
最新の記事
このブログを閉じることにしました
at 2014-12-31 19:16
五十肩月報(2014/12)
at 2014-12-19 18:58
立川市障害者週間イベントを見..
at 2014-12-05 16:27
3年
at 2014-11-25 22:24
今日の五十肩(11/10)
at 2014-11-10 20:21
五十肩不定期報(11/7)
at 2014-11-07 09:48
歯がぁー
at 2014-11-04 16:27
以前の記事
検索
その他のジャンル