毎日新聞から出版された「境界を生きる」を読んで
 毎日新聞の丹野さんと五味さんらが長い期間をかけて取材をした本が出版されました。

 私は何年も前に会社の昼休みに偶然この記事をインターネットで見つけて、記事が出るたびに読み、特にKSの記事については、若干の違和感を持って読んでおりました。
その違和感が大きくなった時、毎日新聞社宛てに「自分はこうだ」と書いたメールを送っていたのでした。その後丹野さんから連絡を頂き取材を受け、また時期を同じくして、生まれて初めてKSの人と会ったのでした。

 今まで「無精子症」としか知らなかった自分が、KSの何たるかを知り、大きく動揺しました。
それまで、気持ちが不安定になったときにだけこっそり書いていたブログに、延べ300人もの読者がいたことにも気がついて驚きました。
書き始めの頃は、インターネットで調べても、ほとんど何も検索できていなかったのに、改めて調べて見ると整理しきれない情報であふれていました。ショックでした。竜宮城から戻ったおじいちゃんみたいでした。もっとも白髪ですけど。

 KSの人達のブログにコメントしていくうちに、ある思いがおきました。
同じKSの人たちが安心できるような仕組みを作りたい、と。
ただ漠然とした思いだけでの見切り発車になってしまったことは、(48歳の)若気の至りというほかはありません。

 そのうち、取材されたものをインターネットで見ることになりました。上手くまとめていただいたようでした。
今回の第3章に登場しますが、それ以上に、あちらこちらのブログで書き連ねていますから、ここの読者であればすぐわかると思いますけど。

 読む前に、家内から、こんなことを言われました。

  ・揺らぎに走ってしまわないか
  ・感情移入しすぎてしまって大きく動揺しはしないか

  揺らがない自信はありましたけれど、感情移入はしてしまうかもしれないと伝えてから読みはじめました。

 第1章の性分化疾患

  私が25歳でKSと診断されて、それから苦しい人生を歩んできたけれど、生まれたときから性別に苦しんできたわけではないし、両親も恐らくそうだと思うので、私は不幸中の幸いだったのかもしれない。その当時の情報量と誰もが情報を入手できるインターネットがある今の時代は、むしろ当事者にとっては不幸だと思う。知らないことが幸せ、という場合も多いと思うという考え方もあるのかと。

 お医者さんが性別を決めるときの重圧に苦しむとあり悩んでいるのは医者も同じと言いたげだけれど、当事者や当事者の両親は一生性別の重圧に苦しむのだ。お医者さんの一時的な重圧とは、その質や量ははるかに異なるよなぁ。

 第2章の性同一性障害(GID)

  KSの何たるかを知ったとき、実は自分もGIDなのかもしれないと、激しく動揺したことがあった。でも、私の場合は、単に「性違和感」だと言われて落ち着くんですが、もう一時はパニック状態にまでなりました。
で、今この時期になって思うことは、GIDの方は、男や女にはっきりと向く傾向があるのかな、と。でもKSはやはり空中に漂うように、はっきりしない状態のままでいる。大きく違うのはここかなと。

 ホルモン補充をすれば心身ともに補充した方のホルモンの性に傾いていくように書かれている部分があるのだけれど、私の経験としては、心の性(性自認)は変わらないのだと思う。

 第3章の性と性のはざまで

  まさにKSはここかと。第1章でも第2章でも涙が出ることは全くなかったのに、ここを読んで、当然自分のところも読んで、涙がとめどもなく流れてしまった。何が涙を流させる原因なのかはわからないのです。もちろん、自分のところは、その当時を思い出しての涙ですけど。


 全体として、この次はどうするのかな、というところ。毎日新聞の取材班にだけ期待するのはおかしいのかもしれないけれど、この方々は、次に何をやってくれるのだろうか。
それと、読者でもあり、登場人物でもある人から、若干事実とは異なるという意見も聞こえているけれど、その時はそうだった、ということなのかと思う。

 人は生きていて、その時その時で状況が変わるものです。私も取材を受けたときは、まだKSの何たるかを知らないときでした。今は、KSの何たるかを自分なりに理解したと思っているし、さらに、昨年の大きな落ち込みなどから、今は、あの時ほど泰然自若な状況には復帰できていない。でも、違った形で復帰の道を進んでいるとは思うのです。だから、あの記事で、めでたしめでたし、ということではない、というところも理解して読んでいただければと思うのです。

長くなってしまいましたけど。

「にほんブログ村」に参加しています。下の絵、またはボタン、文字を押していただけませんか。
にほんブログ村 生きづらさ
[PR]
by 47__xxy | 2013-03-02 16:31 | LGBT&I
<< 昨日が土曜で、今日は日曜 改めて、子育てについて >>



通称:なかちゃん。★東ニ病気ノコドモアレバ…西ニツカレタ母アレバ…南ニ死ニサウナ人アレバ…北ニケンクヮヤソショウガアレバ…★弱い立場中心の世の中に @WofNaka
カテゴリ
ポン太さん
日記
NEWS
NEWS「災害」
NEWS
災害・ボランティア
紹介
夢の話
病気
LGBT&I
尿路結石
歯科治療
過去の事
ご挨拶
五十肩
仕事
記事ランキング
フォロー中のブログ
<お気に入り>
最新の記事
このブログを閉じることにしました
at 2014-12-31 19:16
五十肩月報(2014/12)
at 2014-12-19 18:58
立川市障害者週間イベントを見..
at 2014-12-05 16:27
3年
at 2014-11-25 22:24
今日の五十肩(11/10)
at 2014-11-10 20:21
五十肩不定期報(11/7)
at 2014-11-07 09:48
歯がぁー
at 2014-11-04 16:27
以前の記事
検索
その他のジャンル