悲惨な夢
どうしてこんなに悲惨な夢をばかりなのか。何故こんなのばかり見なくてはいけないのか。

昨日、携帯電話が新しくなった。字や画面が大きいのが欲しくなったからなんだけど。
新しいとサンプルのファイルがありますが、そのサンプルのファイルを見て、その内容からその分類をしなければいけないらしい。

このファイルの内容から判断して、原因は何だから、これはここの箱に、色は緑、とかね。サンプルは数個しかないから、その分類が終れば終わり。

次は連絡先を整理。前の携帯電話からアドレス帳を転送するんだけど、転送した後の携帯電話のセキュリティがかかっていないから放置してはいけないけど、そんなにいろんなこと一度に考えられないよね、って、かなりオーバーフロー気味。

場面が変わって、外、高台、尾根みたいなところ。尾根沿いに家々が向かい合って建っている。そこに溢れんばかりに若い人達がいる。
私はここにいる人達を統率する役目のようだ。

天気は曇り、所々に雪が積もっている。

山の斜面をならして、そこに避難場所を造らなければいけないらしい。尾根にいる多くの若者は、何が嬉しいのか、さっきからずっと喜び躍り抱き合ったり踊ったりしている。

山の斜面を登って来る年輩の方達。この人達は、見るに見かねて、手伝いに来た人で、自分ができることを黙々とやりはじめた。
若者の狂っているほどの形相に反して、私の心は暗く沈んでいる。そのうちに若者達も自分達のできることをやりはじめた。お湯を沸かす者、火をおこす者、スコップで山の斜面の雪を避ける者。

私は、やるべきことが沢山あるものの、何も手がつかず、うろうろするしかなかった。

と、下の方で、身の毛もよだつ男の若者の悲鳴のが。見ると、スキンヘッドの頭が燃えている。何故そうなったのかなんてわからない。遠いので何もできない。すると、隣でお湯を沸かしていた人達が、ぐらぐらしている鍋ごと火の付いた頭にかけたのが見えた。

火は確かに消えた。

そこに、様子を見にきた男の若者がいた。スキンヘッドの若者を抱え起こした瞬間、今度は別の悲鳴が。
頭を抱えて、叫びながら山を降りて行った。

私は、これで若者の二人を失ったなぁ、って思ったところで目が覚めた。
[PR]
by 47__xxy | 2012-04-06 08:37 | 日記
<< NEWS<東京湾北部地震... 47xxyの生き方【追記】 >>



通称:なかちゃん。★東ニ病気ノコドモアレバ…西ニツカレタ母アレバ…南ニ死ニサウナ人アレバ…北ニケンクヮヤソショウガアレバ…★弱い立場中心の世の中に @WofNaka
カテゴリ
ポン太さん
日記
NEWS
NEWS「災害」
NEWS
災害・ボランティア
紹介
夢の話
病気
LGBT&I
尿路結石
歯科治療
過去の事
ご挨拶
五十肩
仕事
記事ランキング
フォロー中のブログ
<お気に入り>
最新の記事
このブログを閉じることにしました
at 2014-12-31 19:16
五十肩月報(2014/12)
at 2014-12-19 18:58
立川市障害者週間イベントを見..
at 2014-12-05 16:27
3年
at 2014-11-25 22:24
今日の五十肩(11/10)
at 2014-11-10 20:21
五十肩不定期報(11/7)
at 2014-11-07 09:48
歯がぁー
at 2014-11-04 16:27
以前の記事
検索
その他のジャンル