気に入られても…
広い公園のようなところで家内と歩きながら私はギターのような楽器を探していた。何をしたいかって、音楽を奏でたいのだ。

ちょっとだけ高い所にパスタ屋さんらしい店が見えた。料理している鍋の横に、パスタを茹でる用の筒式の30センチほどの円柱が何本も並んでいる。そこのお店のマスターは、細身のお兄さん。まぁ、ミュージシャンと表現できなくもない。

そのマスターが円柱を一本手に持って、ちょうど縦笛のように扱っている。何をやっているのか興味が湧いてきて、つい店の中に。

話を聞いていると、結論としては、いい音が出るらしい。いい音が出るならと、ちょっと気になったけれど所詮パスタなのだ。

ところで、そのパスタ屋さん、ぜんぜん繁盛していない。客がいない。

そう言えば、さっき入った小さなお店の女性の店員さんが、しきりにこのマスターの話をしていたことが頭をよぎった。熱く語っていたっけ。

マスターの私への語りも熱くなってきたし、妙な視線も絡み付いてきた。どうやら気に入られてしまったらしい。こちらには、そういう気はないぞ。

そこへ、後れて家内が入ってきた。私の横にさりげなく立って話を聞いている。

暫くして気がつくと、店の中がざわついている。振り返ると、大勢の人が店の入り口にひしめいている。

またか。家内はどうやら人を呼ぶらしいのだ。空いている店内だったのに、いつの間にか混雑していることがよくある。

マスターはそろそろ、本来の仕事をするべきだと思い、私と家内は店を出た。そしてその足で、先程のマスターの話を熱く語っていた女性の店員さんに、マスターに告白したら、って言いに行った。



場面は変わって。
広い場所の片隅にサーカス小屋のような大きなテントが見える。近づくと、みんな空を眺めていた。見ると、翼だけの大きな飛行機がゆったりと飛んでいる。エンジンはないが、エンジンが付いていそうな場所に人がぶら下がっていて、曲芸をしているようだ。

それは少しずつ高度を下げながら曲芸しながら降りてきた。見事だった。
感心しながら見ていると、一人の若いお兄さんが寄ってきた。貴方にも出来ますよと言いながら。

私の仕事はこんなんではない、って吐き捨てるように言いながら、立ち去ろうとしたところで、目が覚めた。
[PR]
by 47__xxy | 2012-04-02 08:52 | 夢の話
<< 退院4ヶ月経過だけどぉ。。。 NEWS<南海トラフ地震... >>



通称:なかちゃん。★東ニ病気ノコドモアレバ…西ニツカレタ母アレバ…南ニ死ニサウナ人アレバ…北ニケンクヮヤソショウガアレバ…★弱い立場中心の世の中に @WofNaka
カテゴリ
ポン太さん
日記
NEWS
NEWS「災害」
NEWS
災害・ボランティア
紹介
夢の話
病気
LGBT&I
尿路結石
歯科治療
過去の事
ご挨拶
五十肩
仕事
記事ランキング
フォロー中のブログ
<お気に入り>
最新の記事
このブログを閉じることにしました
at 2014-12-31 19:16
五十肩月報(2014/12)
at 2014-12-19 18:58
立川市障害者週間イベントを見..
at 2014-12-05 16:27
3年
at 2014-11-25 22:24
今日の五十肩(11/10)
at 2014-11-10 20:21
五十肩不定期報(11/7)
at 2014-11-07 09:48
歯がぁー
at 2014-11-04 16:27
以前の記事
検索
その他のジャンル