NEWS<視覚障害者、至難の帰宅…人込みで白杖使えず>
 最近、自然と人ごみを避けていますが、目が見える私にでも人ごみは怖い。

 また、杖が必要な時は、特に通勤ラッシュのような時は、みんなの目線が上にあって、下への注意まで及ばないらしく、ついている杖にあたりそうになって、下手をすると、他の人が杖で転びそうになったりして危ない。

 身体の様々なところが弱い人にとって、災害時に、健常者と一緒に行動するのは至難の業。
特に、見た目が健常者とわからない場合は大変だ。

 そして、もっと残念なことは、訓練の中で考慮されないこと。

 まだそこまでの余裕がないのかもしれない。

 たった、電車が止まったぐらいで、社会的な弱者を救えないとしたら、津波や火災で救えるわけがない。余裕がなく訓練できなかったでは、済まされないのではないか。

gooニュースから、全文。
===
 東日本大震災時に起きた首都圏の帰宅困難者問題で、視覚障害者が「災害時は自分たちの存在にも気付いてほしい」と訴えている。

 視覚障害者と分かってもらえず、人とぶつかったり、不慣れな場所に戸惑ったりして、転倒などの危険があったためだ。国などで作る「帰宅困難者対策協議会」でも、災害弱者に関する議論は行われず、3日に東京で実施された大規模訓練でもテーマにならなかった。

 昨年3月11日の大震災時、東京都杉並区上荻の「視覚障害者支援総合センター」で点字本製作などにあたっている全盲の男性(25)は、同センターで休憩中だった。普段は一人で大田区まで帰宅するが、この日は帰宅方向が同じ視覚障害者計4人と、センター職員の女性(32)ら2人の計6人で帰ることにした。

 近くの阿佐ヶ谷駅に着くと、JRは全線が不通。そこで同駅から出ている渋谷行きのバス乗り場に向かった。男性らは「人に当たってはいけない」と、 白杖 ( はくじょう ) はつかずに片手で抱え持ち、職員を先頭に前の人の肩にもう一方の手を置いて1列で進んだが、激しい人混みで何度も人とぶつかって転びそうになった。女性は「視覚障害者と気づいてもらえず、危ない思いをした」と振り返る。

 超満員だったバスで渋谷駅には着けた。男性と女性は、大田区へ徒歩で向かったが、2時間で帰宅を断念し、目黒区内の公共施設で一夜を越した。ただ、トイレへ行くにも誘導が必要で一睡も出来なかったという男性は「一人で不慣れな場所にいたらどうなっていたか」と振り返る。
===
[PR]
by 47__xxy | 2012-02-09 10:03 | NEWS「災害」
<< こいつら、食うつもりかぁ? 靴下の洗濯で、初めての満足感 >>



通称:なかちゃん。★東ニ病気ノコドモアレバ…西ニツカレタ母アレバ…南ニ死ニサウナ人アレバ…北ニケンクヮヤソショウガアレバ…★弱い立場中心の世の中に @WofNaka
カテゴリ
記事ランキング
フォロー中のブログ
<お気に入り>
最新の記事
このブログを閉じることにしました
at 2014-12-31 19:16
五十肩月報(2014/12)
at 2014-12-19 18:58
立川市障害者週間イベントを見..
at 2014-12-05 16:27
3年
at 2014-11-25 22:24
今日の五十肩(11/10)
at 2014-11-10 20:21
五十肩不定期報(11/7)
at 2014-11-07 09:48
歯がぁー
at 2014-11-04 16:27
以前の記事
検索
その他のジャンル