叫ばなければいけないとき
 夢の中で、叫ばなければいけないときが、かなりあることに気がついたんだけど、大変なのよね。

 昔、体育とかで背中を打ったときに似ていて、まず、呼吸ができない。

 そんな状態で声を出さなければいけないような、そんな状態だ。



 でも、もし、恐怖なときにも、同じように声を出せないのかもしれないな。





声が出せてしまったときも、あるのですが、当然、寝言になってしまいます。はい。
[PR]
by 47__xxy | 2012-02-05 19:54 | 夢の話
<< NEWS<除雪作業中、男... NEWS<ANA機尻もち... >>



通称:なかちゃん。★東ニ病気ノコドモアレバ…西ニツカレタ母アレバ…南ニ死ニサウナ人アレバ…北ニケンクヮヤソショウガアレバ…★弱い立場中心の世の中に @WofNaka
カテゴリ
ポン太さん
日記
NEWS
NEWS「災害」
NEWS
災害・ボランティア
紹介
夢の話
病気
LGBT&I
尿路結石
歯科治療
過去の事
ご挨拶
五十肩
仕事
記事ランキング
フォロー中のブログ
<お気に入り>
最新の記事
このブログを閉じることにしました
at 2014-12-31 19:16
五十肩月報(2014/12)
at 2014-12-19 18:58
立川市障害者週間イベントを見..
at 2014-12-05 16:27
3年
at 2014-11-25 22:24
今日の五十肩(11/10)
at 2014-11-10 20:21
五十肩不定期報(11/7)
at 2014-11-07 09:48
歯がぁー
at 2014-11-04 16:27
以前の記事
検索
その他のジャンル