性欲
 KSでも性欲があるか、との問いがあるので、過去に遡って、どうだったかを振り返ってみることに。

★小学生まで

 未熟児と言われて育ってきましたが、そういうことには興味をもっていたと思います。ただ、晩熟(おくて)だったんだと自分では思うんだけど、好きな女の子はいたりする。初恋は小学5年生の転校生だっただろうか。同級生の大半は、その双子の転校生の長女を好きだったようだ。


★中学生

 ほのかに好きだった女の子はいたように記憶しているが、同級生の中でもそういう雰囲気が全くなかったので、その程度。下級生からラブレターをもらったことがあったけど、同級生にはそういう文化がなかったので、突っ返してしまった。


★高校生

 1年生の時、好きな子ができた。クラスの中でかわいい子投票をしたんだけど、その子に〇をするとばれるので辞めた。その後、言い出せるはずもなく、2年生に。
下級生たちを含めた6人でのグループ交際が始った。このメンバーの結束は固く、実は、今でもお互いの安否を確認しあったり、何年かに1回ぐらいは会ったりもしている。

 3年生の体育の時間、計らずも射精をしてしまう。ロープだった。ロープによじ登ろうとした瞬間、やってしまった。おしっこを漏らしたのかと思ったが、そうではなかった。2度目の挑戦でも同じだった。でも、自分では、何が起きたのか分からなかった。あとで、それが、それだと分かった。

 3年の卒業間近になって自慰を覚えた。これもたぶん偶然。ちょっとはまってしまった。でも、女の子を想像しながらではなかった。
ムラムラ感は全く無かった。友人たちが、週刊誌を見ながら、この子が、あの子が、とかいう話に、全く興味が湧かなかった。話もせずにどうして好きか嫌いかがわかるのか、って思っていた。これは、まぁ、今も同じだけどね。

 3年生の卒業間近になって、1年生の時好きだった子にそれとなく打ち明けた。同じクラスで、席が近かった。

★大学生

 仙台の大学に。
 下宿中には、自慰は頻繁にしていたと思う。でも女の人を見てのムラムラ感は、ほとんどなかった。
学生時代に大学生同士で付き合った人はいない。高校時代の延長みたいな感じだった。
ほとんどが文通みたいだった。
高校のとき好きだった子が、なんと、私の両親の仲人で結婚、親戚になった。
どうにもならなかった。非常に複雑な思いで、身もだえした。

 卒業が近くなった頃、グループ交際の人とよりが戻って、会うことに。山の中で、やればできたのかもしれなかったが、そんな知識はなかった。

★就職

 東京へ。
 職場でも好きな子は現れなかった。

 働き始めて3年目、KSを知らされる。

 テストステロンの補充によって、自分の意思に関係なく性欲倍増で、押さえ切れなかった。相手をしてくれる人はいなかったので、自慰で解決。でも、してもしてもやりたくって、身体も心もズタズタになった。
何年か後に、再度挑戦をしたものの、結果は同じ。精神的に不安定になったため、補充をやめた。
今と違って、情報があまりになさすぎた。

 バブル崩壊の頃だったけど、まだ仕事はたくさんあって、死ぬ事ばかりを考えながら惰性で仕事をしていた。

 あるとき、シングルマザーと出会う。子供がとってもかわいかった。もちろんお母さんも。
もう、結婚まで行きそうで、婚姻届まで書いたのに。。。
肉体関係にはなっていたが、どうしても、入れられないでいた。相手をいかせることはできても、自分ではどうにもならなかった。KSの葛藤だった。そういう、ちょっとのとっかかりが、結果崩壊に。

 あるとき、飲んだくれの酒癖の悪い後輩の女の子が、絡んできて、仕方がないので泊めてあげた。同じベッドで、背中合わせだ。でも、こちらは、性欲がない。その後、エッチには発展するのだが、直前まで、全くそういう気持ちがなかった。
酒の匂いをプンプンさせている状態でキスをせがまれた。仕方がないなぁとか言って、キスをした、その瞬間。私の中のDNAなのか染色体なのか、なんなのかが分からないけど、私の中の今までなかった何かのスイッチが入った。手が勝手に動いていた。自分で自分にそういうところがあることが信じられなかった。
でも、この子、結婚していた。旦那も知っている人。最後の最後、どうしても理性が働いて、その先には進めなかった。
 失楽園が流行っていた頃の事。その先にあるのは駆け落ちそして死しかなかったのは目に見えていたが、どうしても抜け出せなかった。結局、周囲に助けを求めた。「どうしても辞められない」。友人からの一言「いろいろあって大変だったからね」。この一言で、やっと抜け出す事ができた。

 この後。。。

 心配した周囲の勧めで結婚相談所に登録。KSで子供ができないことを隠しての挑戦だった。何人か2度目のデートまで行く事があったが、KSを隠しての結婚はしたくなかったので、それを伝えた。全敗だった。どうにもならなかった。

 精神的に不安定な状態で、仕事も満足に出来るはずもなく。。。でも仕事はしていたのだけれど、やはりうまくはいっていなかった。もう絶望感にうちひしがれていた。
何もかもリセットしたかった。できることなら。

 職を変えようと思って退職。無謀だった。そうして行ったパソコン教室で、今の家内と出会う。
運命的だった。KSを伝えた。子供が2人いて、もう子供は要らないっていわれた。
結婚して、KSの多くの問題が解決した。
エッチは、頻繁にしていたけど、最初、入れるのに、すごく時間がかかった。何日も何回もかかった。環境になれるのに時間が掛かるのだが、それも待ってくれた。

 相変わらず、他の女性を見てもムラムラはしなかった。

 そして14年目を迎える今。
自慰をすることもある。体調が優れないのでここんとこ随分あいているけど。
ちょっとだけ、ムラムラすることがある。男性ホルモンはかなり低いはずなのだが。

 まぁ、こんなところです。
[PR]
by 47__xxy | 2011-09-03 10:16 | 過去の事
<< ひとつだけ大事なことを言い忘れ... 体重 -3Kg >>



通称:なかちゃん。★東ニ病気ノコドモアレバ…西ニツカレタ母アレバ…南ニ死ニサウナ人アレバ…北ニケンクヮヤソショウガアレバ…★弱い立場中心の世の中に @WofNaka
カテゴリ
ポン太さん
日記
NEWS
NEWS「災害」
NEWS
災害・ボランティア
紹介
夢の話
病気
LGBT&I
尿路結石
歯科治療
過去の事
ご挨拶
五十肩
仕事
記事ランキング
フォロー中のブログ
<お気に入り>
最新の記事
このブログを閉じることにしました
at 2014-12-31 19:16
五十肩月報(2014/12)
at 2014-12-19 18:58
立川市障害者週間イベントを見..
at 2014-12-05 16:27
3年
at 2014-11-25 22:24
今日の五十肩(11/10)
at 2014-11-10 20:21
五十肩不定期報(11/7)
at 2014-11-07 09:48
歯がぁー
at 2014-11-04 16:27
以前の記事
検索
その他のジャンル